二人の男性

サイトマップ

自毛植毛を行う前に専門医にしっかりと相談しよう

髪のボリュームがある事は多くの方にとってごく当たり前の事となっています。しかし遺伝性によるものや加齢によって毛髪が抜けてしまう方も多いと思われます。毛髪が抜け続けてしまうと薄毛へと繋がってしまい、大きな悩み事の一つにもなってしまいます。薄毛を悩みとする方の中には被るだけという手軽さが魅力なカツラや、根気強く残されている髪の増量に効果が期待出来る方法を実践されている方も多いハズです。
しかし薄毛治療において、質の高さや満足度が得られる「自毛植毛」の施術を受けられる方が多くなってきています。カツラや増毛とは違い、ズレる心配もなく短期間で薄毛を改善出来る点が魅力の一つとなっていますが、施術前に確認するべき点もあります。自毛植毛を行う目に確認するべき点をご紹介します。自毛植毛は毛髪の採取を行う必要があります。そんな採取した箇所や植毛した箇所は傷をつけなければなりません。
施術自体は麻酔使用によって痛みを感じません。術後も痛みを感じる事はほとんど無いのですが、何より辛いのが傷の回復過程における「痒み」です。瘡蓋が出来て皮膚として再生するまでの期間、痒みに襲われるケースが多いのです。自毛植毛を受けた多くの方が、痛みよりも痒みに対しての辛さを経験されていらっしゃいます。施術範囲が広い程、痒みの箇所も大きくなる為、専門医にしっかりと確認しなければならない点となります。

TOP